品切れ続出!インナーパイルタオル、大人気です!

■大阪泉州発のファクトリー・ブランド

暑すぎる夏を迎え、SHINTO TOWELのインナーパイルタオルの売れ行きが絶好調です。今回は、その魅力をあらためてご紹介したいと思います。

明治40年創業。タオルの二大産地・大阪泉州にある「神藤タオル株式会社」は、自社にしかできないオリジナルのガーゼ織りである「インナーパイルタオル」を、創業110周年を記念して、新たに神藤タオルのオリジナルブランド「SHINTO TOWEL」として打ち出しました。

これまでは、生産工場の機能のみを担っていたところから、自社企画のタオルをお客様に直接届けるという挑戦です。生産工場としての長年にわたる実績から、他にはない触り心地と吸水の良さで、一度使うと手放せないタオルに仕上がっています。

■インナーパイルタオルの魅力

インナーパイルタオルの魅力は、ボリュームがあるのに軽くて柔らかい。そして、ガーゼとパイルの良さを兼ね備えたタオルだという点です。

両面のガーゼにパイルを挟み込むという独自の技術によって開発された「インナーパイル」。昔ながらのシャットル機を熟練の職人が手間暇をかけて織り上げていきます。

表面のガーゼによる優しい肌触りと、中心のパイルが持つ高い吸水性。お風呂上がりや洗顔時をはじめ、枕カバーやブランケットとして使うなど、用途に応じて、さまざまなシーンで活躍してくれます。ボリュームがあるのに軽くて柔らかい、新しい発想のタオルです。

■神藤タオル社長・神藤貴志さんとの縁

神藤タオル社長の神藤貴志さんは、まだ30代前半の若さで、大阪・泉州のタオル業界を牽引する若手として活躍されています。

神藤社長と私とは、不思議な縁で繋がっています。ひとつは、現オーガニックコットン協会理事長の森和彦氏からタオルを学ぶ機会が多くあったこと。また、私たちモラルテックス社が製造協力をお願いしている、ホットマン株式会社の坂本社長との交友が深いこと。

これらの縁のおかげで、モラルテックス・ラボでは、昨年末のオープン当初からインナーパイルタオルをはじめとしたSHINTO TOWEL ブランドの商品を扱っております。私は置いておいても、坂本氏とともに、間違いなくタオル業界の次世代を担う貴重な人材だと思います。

■有名百貨店やセレクトショップでの実績

 

まだブランドを立ち上げてから1年余りしかたっていませんが、そのタオルの独自性が評価され、多くの有名百貨店の催事やセレクトショップでのイベントに参加しています。

催事・出品されたイベントの一部をご紹介させていただくと…

・阪急百貨店梅田本店催事「毎日に気持ちいいをプラス」
・「北欧、暮らしの道具店」ECサイト
・大阪梅田E-maファンタスティック・マーケット
・大阪梅田蔦屋書店「旅のお土産」
・京都雑貨店alphabet企画
・渋谷ロフト「KANSAI Zakka Lab」
・二子玉川蔦屋家電「新年を彩るていねいな日用品」
・表参道「ててて見本市」
・神戸KIITO「文具と紙とともに暮らし市」
・愛知県蒲郡市「森、道、市場2018」
・「D&DEPARTMENT山梨」
・代官山cocca「泉州と堺の糸へん」   などなど

人気のすごさがわかりますね。飛ぶ鳥を落とす勢いです。

■品切れ続出中!納品まで1ヶ月待ち。

8月1日現在、モラルテックス・ラボでは、各色・各サイズ5枚程度の在庫を確保しておりますが、これも実はつい先日、1ヶ月以上前の発注分が入荷したためです。

実際には、神藤タオルさんのオンラインストアでは、フェイスタオル・バスタオルが「全品在庫切れ・予約受付中」となっております。

当店でも、随時発注をしておりますが、どうしても入荷にお時間がかかる場合もございます。常に在庫をみながらの販売となりますので、ご興味のある方は、早めにお問い合わせください。なお、ラボの店頭では、洗濯したものもお試しいただけます。

ご購入は、こちらから↓↓↓

モラルテックス・オンラインショップ

https://moraltex.shop-pro.jp

神藤タオルさんについて、詳しくは、こちらもご覧ください。

神藤タオル株式会社

http://shinto-towel.jp

Facebook

https://www.facebook.com/ShintoTowel/

記事執筆:

モラルテックス代表 鳥山 貴弘

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA